所有の不動産の土地で注文住宅を建てる

不動産として土地を所有している場合、自分たちのため、あるいは息子や娘、孫のために時期を見て、家を建てることになる場合があります。住宅メーカーに依頼することが多いのですが、注文住宅ということになります。ハウジングのモデルルームは土地が広く大きい家がほとんどなので、あまり参考になりません。注文という特性を生かして、ここは間取り、デザインは専門の建築事務所に依頼をし、希望を活かした独特の使い勝手の良い、しかもデザイン的に優れた家を建てたいものです。それが不動産として土地を持つ強みです。