木造注文住宅の不動産は環境に優しい

ハウスメーカーの数が多い日本では、100%自由設計の注文住宅は珍しくなりました。多くはメーカーが提案する決まったタイプの設計に、少し自由な個所があるといったものが主流になっています。このタイプの不動産は、工場で大量生産されるものです。
一方古くからの木造軸組住宅は、建築基準法に触れなければ、自由に設計することが可能です。木造の家は、木が呼吸する事により、湿度を適度に保つ効果がある為に、日本の風土にも適しています。また、リフォームも容易ですし、取り壊す際の廃棄物処理やリサイクルにも向いています。不動産を持つならば、何十年か先を見越して、環境に優しい木造の注文住宅にすることをお勧めします。